読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sencha Touchパーフェクトガイド が出版されました!

年末年始に書いていた本「HTML5モバイルアプリケーションフレームワーク Sencha Touchパーフェクトガイド 」が遂に出版されました!

共著で私は主に7章、8章あたりを担当させていただきました。メイン担当はありますが、もちろん他の部分もレビューし、全体的に参加しています。

Sencha Touch 2についての本は意外と少なく(日本語書籍では2冊目)、これだけのボリュームのある書籍は世界でも希です。(現時点では)まさにパーフェクトといえる内容だと自負しています。

特に3部の実践では、実務で役に立つ内容がてんこ盛り!実際に使った人が悩むポイントやはまり所などが詳しく解説されています。私も非常に勉強になりました^^;

しかし、まだまだ書き足りないと思うところがあるのも事実。。特に Ext のユーティリティメソッドに関してはほとんど触れられなかったのが少し残念です。(そのあたりは後述の Sencha Touch 2 Up and Running が詳しい。) また、テストやデバッグについてもあればよかったかも、とも思います。

とはいえ、最初の基本から応用、そして実践までの解説に関しては、今のところ本書が世界で最も詳しく書かれていると思います!

どのくらいボリューミーなのか、ということを他の書籍と客観的に評価してみましょう。

Sencha Touch 関連で出ている書籍で有名なのは大体以下の3つです。

id:nowokay こと、きしださんの日本で最初の Sencha Touch 2 の書籍!すごい表紙が一部で話題に!!

Sencha Forum のふざけたアイコン(w でもおなじみの Mitchell Simoens も書いている Sencha Touch 2のバイブル的存在。2への対応中で、3月末に正式出版されるらしい。現在プレビュー版を購入できる。(英語)

最近出た オライリーの Sencha Touch 2本。幅広く全体を薄く網羅している感じ。なぜかユーティリティメソッドの説明が充実 (英語)


これらの名著たちと、本書のボリュームをページ数と、容積から比較してみます。

タイトル ページ数 サイズ(cm) 容積(㎠)
Sencha Touch パーフェクトガイド 432 23.4 x 18.2 x 2.8 1192.464
Sencha Touchではじめるモバイルアプリ開発 255 20.8 x 14.8 x 2 615.68
Sencha Touch In Action 375 未定 未定
Sencha Touch 2 Up and Running 230 23.3 x 17.8 x 1.5 622.11

圧倒的ボリューム!!ページ数では2位の15%、3位の約70%増しで、容積にいたっては次点のなんと 90%増でおよそ約2倍! ページ数が膨らんだなぁ充実したなぁ、と思っていましたがここまで多かったとは。

ということで、この充実っぷり、是非一度お手にとってご確認いただければ幸いです。

充実の目次!

  • 第1部 Sencha Touch の概要
    • 第1章 イントロダクション
      • 1.1 ネイティブアプリケーションの終焉
      • 1.2 はじめよう、Sencha Touch
      • 1.3 本書の構成
      • 1.4 ソースコードのダウンロード
    • 第2章 開発準備
      • 2.1 開発準備
      • 2.2 Sencha Cmd
      • 2.3 Hello, World アプリケーション
    • 第3章 はじめての Sencha Touch
      • 3.1 モデル
      • 3.2 ビュー
      • 3.3 コントローラ
  • 第2部 Sencha Touch の基本構成
    • 第4章 クラスシステム
      • 4.1 クラス定義
      • 4.2 コンストラクタ
      • 4.3 コンフィグ
      • 4.4 インスタンス
      • 4.5 継承
      • 4.6 オーバーライド
      • 4.7 ミックスイン
      • 4.8 シングルトン
      • 4.9 静的メンバ
      • 4.10 別名
      • 4.11 依存性管理
      • 4.12 めとめ
    • 第5章 コンポーネント
    • 第6章 イベントシステム
      • 6.1 イベントシステム概要
      • 6.2 イベントリスナ
      • 6.3 リスナオプション
      • 6.4 独自イベント
      • 6.5 タッチイベント
      • 6.6 まとめ
    • 第7章 データパッケージ
      • 7.1 データパッケージ概要
      • 7.2 モデル
      • 7.3 ストア
      • 7.4 プロキシ
      • 7.5 まとめ
    • 第8章 リストとテンプレート
      • 8.1 リスト
      • 8.2 テンプレート
      • 8.3 まとめ
    • 第9章 アプリケーション
      • 9.1 アプリケーション
      • 9.2 コントローラ
      • 9.3 ルーティング
      • 9.4 プロファイル
      • 9.5 まとめ
    • 第10章 Sencha Touch デザイン概論
      • 10.1 環境の構築
      • 10.2 Sass の基本文法
      • 10.3 Compass について
      • 10.4 Sencha Touch でのデザイン変更について
      • 10.5 まとめ
    • 第11章 ネイティブパッケージング
      • 11.1 パッケージング
      • 11.2 ネイティブパッケージングの流れ
      • 11.3 iOS アプリケーションの作成について
      • 11.4 Android アプリケーションの作成
      • 11.5 ネイティブ API
      • 11.6 まとめ
  • 第3部 実践 Sencha Touch アプリケーション開発
    • 第12章 プロジェクト開始
      • 12.1 開発するアプリケーション
    • 第13章 CRUD
      • 13.1 表示(Read)
      • 13.2 作成(Create)
      • 13.3 更新(Update)
      • 13.4 削除(Delete)
      • 13.5 ルーティングとヒストリー
      • 13.6 URL の変更
    • 第14章 カスタムコンポーネント
    • 第15章 Sencha Touch Charts
      • 15.1 Sencah Touch Charts 概要
      • 15.2 図形描画の基礎
      • 15.3 グラフの基礎
      • 15.4 家計簿アプリケーションへの組み込み
    • 第16章 アプリケーションの仕上げ
      • 16.1 タブレット用画面の実装
      • 16.2 アプリケーションのリリース
      • 16.3 まとめ
  • 著者紹介

長い。さすが400ページ超えだけあって、目次も長い。

そして、奇しくも今日は自分の誕生日。
書いた本がそんな日に出版されるなんて、最高の誕生日プレゼントになりました。
ありがとうございます!