読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTML5機能を色々使ったスマホ向けWebアプリを作ってみた話:前編

昨日、ドコモがやっているWebアプリコンテストのノミネート作品が一般公開されました。

私も、デザイナさんと協同して作品を一つ出しました!面白かったら下記ページの いいねをお願いします!

かきまる

スマートフォンを使いながらも、アナログな感触をもっと楽しんで欲しい。そういう想いで考えられた、デジタルとアナログを繋ぐお絵かきWebアプリです。

.

子供達が家の中でスマホだけをいじって遊ぶのでは無く、実際のリアルな紙と色鉛筆で本物の感触で遊んで欲しい。そのきっかけをスマホアプリで与えられないか?というモチベーションで作られました。そのあたりのコンセプトはデザイナさんのアイディア。私は主にその実装担当です。

そういう狙いはあるのですが、簡単に言ってしまえば紙芝居形式で動物の絵を表示して、それをお手本に絵を描く、という至ってシンプルなアプリです。

何も考えずに作れば、複数のWebページを遷移する単なるWebサイトとしても実現できます。しかし、それじゃあつまらないので、今回はそこに色々と実験的な要素を盛り込みました。

  • ページめくりをかわいくしたい。
  • ゲーム的な要素もちょっとあると面白い
  • ひらがなの書き順も同時に教えられたら。
  • かわいい文字で表示したい。
  • 音があると楽しい
  • スマホとタブレット両方対応。AndroidでもiPhoneでも。

これらの要望を HTML5 Webアプリとしてどうやって実現するか、が私の課題でした。今回のエントリーではその実装について簡単に解説します。要望があれば連載で詳しい内容も続けていければと思います。

カードをめくるように表現する

スワイプで次のスライドが表示されるようなアプリは良くあります。Webでもそういう表現が増えてきました。多用されているためやや食傷気味で、そのまま使うのは面白くない。ただ、スワイプジェスチャーでページをめくるという認識は一般にもだいぶ浸透しています。そこで、そのジェスチャーはそのままに、表現をすこし工夫しました。ページをカードに見立て、カードをめくるように次々と下のカードが出てくるような表現にしてみました。

スライドのライブラリは沢山あるのですが、カードのような表現ができるライブラリが見つからなかったため、一から自作しました。タッチイベントのドラッグを処理するには、jQuery プラグインの Hammer.js が便利です。それに CSS Animation を組み合わせて実現しています。

使ってみると、予想以上にカードページングはスマホと相性が良い気がします。後から気がついたのですが、スマホ用 Google Chrome のタブなどもカードアニメーションしていますね。このカードページングは jQuery プラグインとして作成したので、整理できたら公開してみたいと思います。

スロットゲーム

動物をしりとり形式で繋げよう、というアイディアは当初からあったのですが、最初の動物(文字)をどうやって決めようか、と悩みました。ここにゲーム要素を持ってくることにしました。ひらがながスロットのように表示され、タップすると少し遅れて止まります。このスロットもライブラリとして作成したので、公開できればしたいと思っています。スロットの向き、速さ、止まるタイミングなどを色々検討するため、各種設定値で変更できるようにも作りました。

このスロットの中身の文字は、実は普通のテキストです。当初、画像にしていたのですが後述のWebFontを使うことで、文字だけで表現することができました。

また、スロットのタップイベントにも一工夫が必要でした。実際に子供達に使ってもらうと、タップが反応しない、という問題が起きました。スロットを止めるという動作の特性上、狙って押すと結構力が入ってしまうんですね。そうすると、タッチがぶれるんです。ぶれると、タップイベントではなく、ドラッグイベントとして認識してしまうというのが原因でした。これは、以前 @IT にも書いた記事 タッチUXを実現する7つのポイント で、自分も指摘していました。自分で書いてるのに考慮漏れとは情けない。。。

このタップの問題も、前述の Hammer を使うと各種閾値を調整すれば解決できます。ついでに、アイコンやボタンなどについてももう一度当たり判定エリアや閾値を見直し、子供でもタップしやすいように調整しました。

ひらがなの書き順を表示する

ひらがなの書き順をアニメーションで表現するのには、少し悩みました。一番実装が簡単なのは、各コマを用意してcanvasにパラパラアニメのように順次描いていく方法です。しかし、それでは文字が増えたときに大変です。そこで次に考えたのが、SVGのモーフィングを使うことです。Raphaël を使えば、割と簡単に実現できます。しかし結果からいうと、これはうまくいきませんでした。モーフィングの補完をちゃんと指定すればいいのですが、全文字でこれを何コマか設定するのはとてもやってられません。

そこで、ひらがなをグリフではなく、単1のパスの組み合わせとして作ることにしました。それをSVGのパスで表現し、書き順でパス要素を上から並べます。「あ」ならば、1つめの要素が横1本のパス、2つめの要素が縦1本のパス、3つの目の要素が、ぐるっとまわるパス、というような感じです。先ほどの Raphaël を使えば、長さを指定して、パスのサブパスを取得することができます。これを使用して、各パスのサブパスを段々伸ばしながら描画しています。

この文字データを作る際に、どうせならあ段だけじゃなくてひらがな全文字作ろう!といってデザイナさんが頑張って作ってくれました!当初50文字だけかと思ってたら、濁音とか半濁音とか、小さいかなとか意外とあって大変そうでした^^; ここでかなデータをSVGで全部作ったので、これを元に SVG Fontをつくり、後編の WebFontへと繋がります。



簡単に説明するつもりが、予定以上に長くなってしまいました。
ということで、続きは後編で!

→ 後編書きました! HTML5機能を色々使ったスマホ向けWebアプリを作ってみた話:後編