読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sencha Touch と ExtJS

Sencha Advent Calendar 2013 7日目です。

最近、私が Sencha に詳しいと言うことで、とある仕事で Sencha を使うことになりました。しかし、Sencha でも ExtJS の方。私が得意なのは Touch なんだけど。。。最近の ExtJS は全く知らない(汗

とはいえ、ExtJS4 になって Ext.define とか MVC とか Sencha cmd とか似たような感じっぽい。というよりむしろ Touch の元になったものなので、何とかなるだろうと始めてみました。最初は使うコンポーネントが違うくらいだろうと思ったのですが、使い出していると意外と細かいところで違うものなんだなぁ、と気がつきました。

というわけで、今日のテーマは「ここが違うよ!ExtJS と Sencha Touch
Sencha Touch と ExtJS の両方をある程度知っている人にしか分からない、細かすぎて伝わらないネタです。

configが違う

Sencha Touchでは、Ext.define で渡すコンフィグオブジェクトに、config という名前のプロパティオブジェクトを付けると、それは特殊なconfigプロパティとして認識されます。例えば、config オブジェクトに name というプロパティをセットすると、自動的に updateName や applyName というメソッドが追加されます。それらをオーバーライドすることで、各プロパティをセットしたときのフックが定義できます。

ExtJSでも config は使えるのですが、各種コンポーネントがこの作りに対応していません。Touchのコンポーネントは基本的にこのconfigを使って作られているため、プロパティのフックが簡単に行えるのですが、ExtJSではできません。そのうち対応してくれると嬉しいなぁ。

コントローラーが違う

ExtJSも4からMVCアーキテクチャが導入され、Controllerクラスが使えます。ただし、これも Touch のController と少し違います。
ExtJSのControllerの定義は次のような感じ。

 Ext.define('MyApp.controller.Users', {
     extend: 'Ext.app.Controller',

     refs: [{
         ref: 'list',
         selector: 'grid'
     }],

     init: function() {
         this.control({
             'button': {
                 click: this.refreshGrid
             }
         });
     },

     refreshGrid: function() {
         this.getList().store.load();
     }
 });

対して、Touchのコントローラーはこんな感じ。

Ext.define('MyApp.controller.Main', {
    extend: 'Ext.app.Controller',

    config: {
        control: {
            loginButton: {
                tap: 'doLogin'
            },
            'button[action=logout]': {
                tap: 'doLogout'
            }
        },

        refs: {
            loginButton: 'button[action=login]'
        }
    },

    doLogin: function() {
        //called whenever the Login button is tapped
    },

    doLogout: function() {
        //called whenever any Button with action=logout is tapped
    }
});


refs で コンポーネントをComponentQuery で指定するのはほとんど同じです。しかし、control定義が全然違う。少し驚きですね。また、ExtJS の control定義では、refs で定義した名前が使えない!!これにはやられました。Touchから入った人ははまるポイントではないでしょうか。(ってそんな人いるのか・・?)

bootloaderが違う

Sencha Cmdで、sencha generate app でアプリケーションを作るときに、sdkパスを Touch か ExtJSを切り替えるだけで、どっちのアプリケーションでも簡単に作れます。index.html も作ってくれるのですが、これが読み込む JS がまた違う。

Touch のほうは、microloader というのを読み込んで、それがアプリケーションを読み込んでくれます。この microloader を development か production を切り替えるだけで開発と本番を切り替えられます。次のような index.htmlが作られます。

<!DOCTYPE HTML>
<html manifest="" lang="en-US">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Sample</title>
    <style type="text/css">/* 略 */</style>
    <script id="microloader" type="text/javascript" src=".sencha/app/microloader/development.js"></script>
</head>
<body>
    <div id="appLoadingIndicator">
        <div></div>
        <div></div>
        <div></div>
    </div>
</body>
</html>

ExtJSは全然違います。次は ExtJS の index.html です。

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Sample</title>
    <!-- <x-compile> -->
        <!-- <x-bootstrap> -->
            <link rel="stylesheet" href="bootstrap.css">
            <script src="ext/ext-dev.js"></script>
            <script src="bootstrap.js"></script>
        <!-- </x-bootstrap> -->
        <script src="app.js"></script>
    <!-- </x-compile> -->
</head>
<body></body>
</html>

bootstrap という 似たような物があるのですが、microloaderとはまた別の物。これが結構くせ者で、ビルドする度にパスが変わったりで慣れるまで苦労しました。実は ExtJS のテンプレートの方にも .sencha/app/microloader/ があります。これが使えるのか検証してないですが、使えるようになってくれると嬉しい。

まとめ

総じて、やはりTouchのほうが新しいため、アーキテクチャも洗練されているように感じます。もちろん ExtJS には便利で強力なコンポーネントが山ほどあるのが魅力ですが、既存のコンポーネントを新しくするのは影響も大きく大変なのでしょう。近い将来、どちらも同じように使えるようになることを期待しています。

以上、Sencha Touch から見た ExtJS の違いでした。